トップページ >  AGA治療Q&A >  薄毛対策になる栄養素

薄毛対策におすすめの栄養素

タンパク質

髪の毛の発育には食生活が大きな影響を与えます。バランスの良い食事は発毛や育毛に効果的ですが、バランスの悪い食事は逆効果です。そして、薄毛対策には欠かせない栄養素のひとつがタンパク質です。なぜなら、タンパク質はわたしたち人間の体を作る重要な栄養素であり、髪の毛の生成にも大きく貢献しているからです。 髪の毛の約90%は、ケラチンと呼ばれるタンパク質で構成されています。ここから言えることは、食生活でタンパク質を積極的に取り入れることによって、薄毛が改善される可能性が高いということです。そこで、肉や魚、卵、大豆製品などを積極的に食べることを心がけましょう。ただし、動物性タンパク質は脂質も高いので、注意も必要です。

ビタミン

薄毛で現在悩んでいる人も、現在はそうでない人も、ビタミンを摂取することは頭皮を健康にするために必須です。頭皮の状態を整えて薄毛対策に有効とされているビタミンには次のようなものがあります。 まずはビタミンB2、ビタミンB6、ビオチンなどのビタミンB群です。ビタミンB2は髪の毛の細胞再生に関わります。ビタミンB6は細胞の代謝を促進し、髪の毛の健康を保ちます。ビオチンも血行を改善するため薄毛対策に欠かせないビタミンです。これらの栄養素は、卵やレバー、豆、マグロやカツオなどの魚類に豊富に含まれています。 次はビタミンCです。髪の毛や血管を再生するためのコラーゲンを作るために欠かせません。果物類やブロッコリー、ジャガイモなどの野菜に含まれています。 最後はビタミンAとビタミンEです。Aは細胞が酸化することを抑え、Eは血管を広げて血行を促進します。Aはレバーやかぼちゃなどの緑黄色野菜に、Eはナッツ類や緑黄色野菜に含まれています。 どれも大切な栄養素ですが、サプリメントなどを利用して過剰に摂ると、身体に悪影響を及ぼすことがあります。なるべく普段の食生活を整えることを基本に考えることが大切です。

亜鉛

世の中には薄毛で悩んでいる男性は意外とたくさんいます。薄毛になる原因は男性型脱毛症を引き起こす要因である5αリダクターゼという酵素の働きが活発になることにあります。この酵素は男性ホルモンのひとつであるテストステロンとの結びつきが深く、その働きには個人差があったり遺伝の影響を受けるということがわかっています。薄毛の大敵である5αリダクターゼの働きを弱める効果を持つのが亜鉛です。亜鉛はそれだけではなく髪の毛を構成しているケラチンというタンパク質の合成を助ける役割をもっています。ですから生カキやイワシ、豚のレバーなどの亜鉛を多く含む栄養素を積極的に食事に取り入れることで、薄毛を予防することが期待できます。