トップページ >  AGA治療Q&A >  薄毛対策になるドライヤーのかけ方

薄毛のためのドライヤーのかけ方

薄毛対策のためには、シャンプー後のドライヤーのかけ方を見直してみることが有効な対策となることがあります。 まず、シャンプー後に頭皮が濡れたままの状態で長い時間放置していたり、自然乾燥で乾かすという事は非常に良くありません。生乾きの洗濯物に雑菌が繁殖するのと同じように、頭皮にも雑菌やカビなどの菌が繁殖します。酷くなると菌が原因で頭皮に炎症を起こしたり、かゆみを引き起こす場合があります。 シャンプー後にはドライヤーを使って出来るだけ短時間で、かつ頭皮や髪の毛にダメージを与えないように乾かすことが重要となります。冷風だけで乾かすのは乾くまでに時間がかかるために良くありません。しかし、熱風だけでも頭皮や髪の毛にダメージを与えることがあります。 上記を踏まえた乾かし方のコツとしては、最初にタオルドライであらかじめ水気を取り、ドライヤーを当てる時間を短くします。次にドライヤーを当てますが、同じ個所に長い時間当てないようにします。熱風で頭皮や髪がダメージを受けるためです。こまめに手を動かし、かつ頭皮から20~30cm程度は距離を開けて、髪の毛だけではなく頭皮から乾かします。