自分の毛の一部を、他の薄毛になっている部位に移植する治療法・自毛植毛。 AGAは、生え際" /> 薄毛を早期に改善する治療法・自毛植毛-札幌のAGA・薄毛治療専門病院

トップ > AGA治療種類一覧 > 自毛植毛 > 薄毛を早期に改善する治療法・自毛植毛

薄毛を早期に改善する治療法・自毛植毛

自分の毛の一部を、他の薄毛になっている部位に移植する治療法・自毛植毛。 AGAは、生え際や頭頂部で脱毛が進行し、薄毛になってしまいますが、後頭部や側頭部の毛は脱毛の影響を受けにくい症状が出るのが一般的です。そのため、脱毛の影響を受けにくい後頭部や側頭部の毛を、脱毛が進行している生え際や頭頂部の毛へ移植することで、薄毛の改善を図ります。
移植された髪の毛は、移植後は脱毛することなく、元々生えていたかのような髪の毛を維持することができるので、薄毛を早期に解消したい方にはおすすめの治療法です。

日本皮膚科学会がまとめている【AGAの診療ガイドライン】においても、A(行うよう強く勧められる)・B(行うよう勧められる)・C1(行うことを考慮してよいが十分な根拠がない)・C2(根拠がないので勧められない)・D(行わないよう勧められる)の5段階のうち、B評価として推奨されている治療法であり、医学的にも高い根拠のある治療法です。

一方で、自毛植毛は外科的手術であるため、手術を担当する医師の治療経験・技量によって、仕上がりに差が出てきます。行われる術式によっては、頭皮に大きな傷が残ってしまうケースもあるため、クリニック選び・医師選びには、注意する必要があります。

自毛植毛のメリット

短期間での薄毛改善が期待できる

投薬治療や育毛メソセラピーなどの治療法は長期間治療を続ける必要があるうえ、確実に発毛効果が発揮されるとはいえませんが、自毛植毛なら、元々生えてある毛を移植するため、1度手術をすれば、ほぼ確実に短期間で薄毛改善することができます。

治療費を抑えられる

自毛植毛は1回の手術にかかる費用が高額ですが、その後定期的にメンテナンスする必要がありません。メンテナンスや長期にわたる治療を続ける必要がある他のAGA治療法と比べて、長期的にみると治療費を抑えることができます。

自毛植毛のデメリット

頭皮に手術による傷跡が残る可能性があり

自毛植毛は、術式にもよりますが、メスを使った外科的手術を伴います。メスで頭皮を切るため、場合によっては頭皮に大きな傷跡が残る可能性があります。
最近では、メスを使わずに自毛植毛ができるクリニックもあるので、メスを使わない最先端の術式を取り入れているクリニックで治療を受けることで、傷跡を残さずに済みます。

手術を担当する医師の技術・経験によって仕上がりが違う

自毛植毛は外科的手術であるため、手術を担当する医師の技術力や経験によって、仕上がりに違いが出てきます。自毛植毛を行うことを検討している場合は、まずは自毛植毛の技術力が高く、治療実績のある医師が在籍しているクリニックを選ぶことをおすすめします。

pic/transplantation/250x200.jpg" /> 自分の毛の一部を、他の薄毛になっている部位に移植する治療法・自毛植毛。 AGAは、生え際