トップ > AGA治療種類一覧 > AGA治療薬プロペシア > AGA治療薬プロペシアの特徴・効果

AGA治療薬プロペシアの特徴・効果

AGAの脱毛症状は進行していくため、発症したらまずは脱毛症状を抑える必要があります。 脱毛症状を抑制する効果が期待できる代表的な治療薬としてあげられるのがプロペシア(一般名:フィナステリド)です。

プロペシアは、毛髪の成長を阻害し、AGAによる脱毛症状を引き起こす原因となる悪性ホルモン・DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えることで、これ以上薄毛の症状が進行しないように作用する治療薬です。

プロぺシアがAGAの脱毛症状を抑えるしくみ

プロペシアは、AGAによる脱毛症状を引き起こす原因ホルモンであるDHTの生成を抑えることで、乱れたヘアサイクルを正しく整え、薄毛が進行するのを抑えることができます。

DHTは、男性ホルモンの一種であるテストステロンがⅡ型5α還元酵素の働きで変換することで生成されるホルモンです。プロぺシアは、この酵素の働きを阻害することによって、DHTの生成を抑える働きがあります。これにより、AGAの脱毛症状を抑えることができます。

プロぺシアはどのくらいで効果が実感できるのか

AGA治療薬として代表的なものであるプロペシア。 一般的な投薬治療として使われる薬で、AGAの脱毛症状を抑える働きがありますが、単剤の処方のみだと、毛髪が生えていない頭皮から毛を生やす発毛効果はほとんど期待できません。

プロペシアは、AGAの原因ホルモンであるDHTの生成を抑えることで、乱れたヘアサイクルを整え、細く弱った毛髪を丈夫で太い毛髪に改善することが期待できる薬です。しかし、ヘアサイクル自体を整えるには、長期間必要であることがわかっています。

実際に、日本でプロペシア承認後に行われた3年間の投与延長試験を行ったところ、2年間の服用継続で被験者全体の68%、3年間の服用継続で78%の方が、薄毛の改善が認められたという結果が出ています。この結果からわかるように、プロペシア単剤の処方のみでは、長期間継続して服用しなければ、薄毛の改善が実感できないのです。

個人輸入も可能なプロペシア!トラブル・副作用に注意!

プロペシアは、一般的な皮膚科やAGA治療専門クリニックで処方してもらうことができますが、個人輸入で購入することも可能です。

安く購入することができるので個人輸入の方がお得と思われがちですが、正規品ではなく偽薬を購入させられたり、服用した際に思わぬ副作用が発生してしまう可能性もあります。

プロペシアの副作用としては、男性機能の低下や性欲減退、胃の不快感などがあげられ、症状は比較的軽微であることが知られていますが、内服薬であることから、内臓に負担をかけるため、思わぬ重い副作用が発生することも考えられます。

早く薄毛を改善したいならAGA治療専門クリニックがおすすめ!

プロペシアは、一般の皮膚科での処方や個人輸入による入手も可能ですが、より早く薄毛を改善したいなら、やはりAGA治療専門クリニックに行くことがおすすめです。

AGA治療専門クリニックの場合、患者の診察・詳細な検査を行い、その方の薄毛の状態や体質など把握したうえで、その方に最適な治療を行うため、より早く薄毛を改善させることが期待できるのです。

AGAの脱毛症状は進行していくため、発症したらまずは脱毛症状を抑える必要があります。 脱毛症状を抑制する効果が期待できる代表的な治療薬としてあげられるのがプロ