トップ > AGA治療種類一覧 > AGA治療薬ミノキシジル > AGA治療薬ミノキシジルの特徴・効果

AGA治療薬ミノキシジルの特徴・効果

ミノキシジルは、代表的なAGA治療薬の1つとしてあげられるもので、日本皮膚科学会が、日本国内で提供されている薄毛治療法に関して精査・評価した「AGAの診療指針」において、A(行うよう強く勧められる)・B(行うよう勧められる)・C1(行うことを考慮してよいが十分な根拠がない)・C2(根拠がないので勧められない)・D(行わないよう勧められる)の5段階のうち、最も高いA評価(行うよう強く勧められる)を受けた医学的根拠の高い治療法です。

男性の薄毛だけではなく、女性の薄毛にも高い発毛効果が期待できる治療薬でもあります。

ミノキシジルの薬理作用とは?

ミノキシジルは、血管を開くことで、血流を促進させる働きをもつ成分です。 もともとは、高血圧の方が、血圧を下げるために使用する血圧降下剤でしたが、副作用として多毛症の症状が現れたことから、発毛剤としても使用されるようになった薬です。

ミノキシジルは、血管を開くことで、頭皮にある毛根にも栄養がすみずみまで行き届く結果、髪の毛に栄養が十分に与えられ、発毛促進作用が期待されるのです。

ミノキシジルは市販薬「リアップ」としても人気

1999年に発売以来大人気の発毛市販薬「リアップ」。 頭皮につけるだけで高い発毛効果が期待できると、現在でも人気の発毛剤です。 発売当初は、ミノキシジル1%と低濃度の配合でしたが、現在では、5%とより高濃度のミノキシジルが配合された「リアップx5」という発毛剤も販売され、より高い発毛効果が期待できます。

これのみで発毛したという方もなかにはいますが、その方の薄毛の状態やAGAの症状・体質などによっては、ミノキシジル単剤だけでは十分な発毛効果が実感できなかったり、ミノキシジル自体の濃度が低くて効果が得られなかったりするケースもあります。

その方のAGAの症状や体質などに合わせて治療薬を組み合わせて処方したり、オーダーメイドで処方することができるAGA治療専門クリニックで投薬治療を行った方が、より早く、高い確率で発毛効果を実感することができ、薄毛の改善につながる可能性が高くなります。

最強の毛生え薬「ミノタブ」にも注目

ミノキシジルは頭皮に直接つける外用薬として使用されていますが、ミノタブ(ミノキシジルタブレット)というミノキシジルの内服薬も注目されていて、最強の毛生え薬として評価されています。

ところが、ミノキシジルについては日本では、外用薬としての認可は下りているものの、内服薬としては未認可となっています。認可が下りていないから処方できないというわけではなく、医師の管理・責任の下では処方することは可能です。 一般の皮膚科などでは処方しているところはほとんどありませんが、AGA治療専門クリニックでは、医師の管理・責任の下、内服薬として処方しているところもあります。

個人輸入も可能な「ミノタブ」

ミノキシジルの内服薬は、日本では未認可ですが、アメリカなどの諸外国では認可が下りている薬であるため、日本で個人輸入して、内服薬を入手することができます。

個人輸入で簡単に手に入れられますが、購入時のトラブルや副作用に注意しなければなりません。個人輸入を行う際に実際に偽薬を購入させられるというトラブルに遭うケースも多々あることがわかっています。

また、最も注意が必要なのが、ミノタブによる副作用です。 もともとミノキシジルは、血圧降下剤として使用されていたということもあり、低血圧の症状を誘発し、動悸やめまい、倦怠感などの副作用を引き起こす可能性があります。また内服薬なので、内臓に負担がかかり、それが原因で様々な副作用の症状を引き起こす可能性もあります。

副作用は一度発生すると、その症状を軽減させるために、病院に行く必要が出てくる可能性もあります。 やはり、「ミノタブ」は個人輸入して自己判断で服用するよりは、信頼ある医師のもとで処方していただいた方がよいと思われます。

AGA治療専門クリニックなら、医師の管理・責任の下、ミノキシジルの内服薬も処方してもらえるクリニックもあり、副作用についてもしっかり対応していただけます。

また、ミノキシジルの内服薬の処方だけではなく、その方の薄毛の症状や体質に合わせた治療薬をオーダーメイド処方していただけるところもあるので、より早く薄毛を改善をしたいなら、AGA治療専門病院で治療を受けることをおすすめします。

ミノキシジルは、代表的なAGA治療薬の1つとしてあげられるもので、日本皮膚科学会が、日本国内で提供されている薄毛治療法に関して精査・評価した「AGAの診療指針