病院でAGA・薄毛治療を行う場合、治療内容や薄毛の進行具合によって通院頻度は異なりますが、だいたい1ヶ月に1" /> AGA・薄毛治療はクリニックへの通院が基本-札幌のAGA・薄毛治療専門病院

トップ > AGA治療クリニックを選ぶ基準 > 通いやすさ > AGA・薄毛治療はクリニックへの通院が基本

AGA・薄毛治療はクリニックへの通院が基本

病院でAGA・薄毛治療を行う場合、治療内容や薄毛の進行具合によって通院頻度は異なりますが、だいたい1ヶ月に1~3回程度の通院が必要となってきます。

特にAGA治療については、長期的にクリニックへ通院する必要があります。 それは、AGAは一般的に進行性であるためです。AGAの主な原因は、男性ホルモンが変換して生成される悪性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)にあります。AGA治療薬の投薬治療により、DHTの生成を阻害することで、AGAの進行を抑えることができるのです。

そのため、途中で治療自体を全てやめてしまうと、せっかく治った薄毛も元に戻る可能性があります。だから長期的に治療を続ける必要があるのです。

長期的にクリニックへ通院するとなると、通いやすい場所にあるかがクリニックを選ぶ際のポイントとなります。

AGA治療薬の単剤での処方は、一般での皮膚科でも処方が可能ですが、料金自体が高かったり、AGA治療の専門医ではないために、患者の症状に合わせた処方ができないため、高い発毛効果が維持できなくなる可能性があります。
治療後にフサフサな髪を保つことも考えて、長期的に通えるAGA治療専門クリニックを選択するようにしましょう。

pic/order/250x200.jpg" /> 病院でAGA・薄毛治療を行う場合、治療内容や薄毛の進行具合によって通院頻度は異なりますが、だいたい1ヶ月に1