トップ > AGA治療Q&A > 生活習慣改善で薄毛対策 > 薄毛に繋がる3つの生活習慣改善で薄毛対策

薄毛に繋がる3つの生活習慣改善で薄毛対策

薄毛に繋がる生活習慣【睡眠不足】について

薄毛で悩んでいる方は育毛剤などを使用してすぐに改善しようと考えるケースが多いですが、まずは睡眠の質を見直して見ることが大事です。睡眠不足が続くと健康面でも良くないとされていますが、髪の毛の成長も深い睡眠時間に行われているため、まずはしっかりと夜に眠るという習慣を身につけて行くことが大事になります。

なお、成長ホルモンの分泌時間は夜の10時から2時であると言われており、この時間に髪の毛が成長します。そのため、できるだけこの時間帯には寝ることができる体制を作っておくようにしましょう。また、ストレスなども良くないとされており、ストレスを感じるため睡眠不足になるというケースも多いです。そのため、ストレスを解消するための趣味なども合わせてみつけておくと良いでしょう。

薄毛に繋がる生活習慣【食生活の乱れ】について

薄毛に悩まれている方の場合、その原因のひとつとして食生活の乱れといったことも理由の一つとなる場合があります。例えば、偏った栄養バランスの食事を続けることで、正常な毛髪の成長を妨げられるといったことが考えられます。

薄毛に悩まれていたり、予防を考えられている場合には、なるべく栄養素をバランスよく取れる食事を心掛けることが大切です。頭皮も体の一部ですのでバランスのよい食事を続けることにより、血行が良くなる、毛根や髪の毛の維持や育成に十分な栄養を使うことができるなどの効果が期待できます。

よりよい食事は、短期的に結果のでるものではありませんが、習慣とすることで長い目で見た時に効果的な方法と言えるのではないでしょうか。

薄毛に繋がる生活習慣【ストレス】について

薄毛に悩んでいる現代人はとても多く最近では男性だけでなく女性も多くなっています。 薄毛の若年齢化も進んでいて、原因は生活習慣の乱れ、仕事のストレス、人間関係の悩みが大部分を占めます。

人間の髪の毛は、ストレスを感じると髪の成長サイクルが乱れてしまいます。 シャンプーやドライヤで髪を乾かすときに、毛根や髪の毛を痛めつけてしまい、 まだ、育っていない髪の毛の段階で外部の刺激で簡単に抜け落ちてしまうのです。 抜けた髪の毛を見ると薄毛の方は、細くて短いものがほとんどです。

ストレスの多い現代の生活においてストレスを溜めないことが薄毛予防の一歩です。 自分なりのストレス発散法を取り入れると、髪のダメージは少なくなります。

薄毛に繋がる生活習慣【睡眠不足】について 薄毛で悩んでいる方は育毛剤などを使用してすぐに改善しようと考えるケースが多いですが、まずは睡眠の質を見直して見ること