トップページ >  AGA治療Q&A >  AGAの治療期間

AGA治療の治療期間は長期間に及ぶ

AGAって病院に行って治療すれば早く改善効果が実感できるの?
AGA治療って、どのくらいの期間かかるの?

AGA治療を病院で行うことを考える際、気になるのが治療にかかる期間ですよね。

AGA治療は、治療方法によってもまちまちですが、一般的に行われる投薬治療では、治療薬を投与したからといっても、すぐに効果が実感できるものではなく、根気よく継続することがポイントになります。 投薬治療のみを行うと、治療期間は長期間に及ぶことを覚悟しておいた方がよいです。

そして、治療を開始する時点での薄毛の進行具合によっても、治療期間が異なってきます。 AGA自体、進行が早い病気なので、少しでも早く治療効果を実感したければ、AGAの「早期発見・早期治療」がポイントになります。

AGA治療薬プロぺシアなら効果実感は半年~1年

AGA治療専門病院や一般の皮膚科などでも処方されるAGA治療薬・プロペシア(フィナステリド)。 個人差はありますが、服用を開始してから半年~1年程度で効果の実感があるといわれています。

そもそも、プロペシアは、AGAの原因物質である悪性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えることで、乱れたヘアサイクルを整え、今まで細く生えていた毛髪を丈夫で太い毛髪が生えるように改善することです。 AGAの症状がひどく進行している人ほど、ヘアサイクルを正常に整えるのにかかる時間は、長期間要することになります。 やはり薄毛が気になりだしたら、早めに病院へ行くのがおすすめです。

実際に日本でプロペシアが認可された後、3年間の投与延長試験が行われています。 その試験によると、服用し続けて2年後で被験者全体の68%、3年後で78%の割合で、薄毛の改善効果が認められたことが明らかになっています。このようにプロペシア服用は、長期間にわたって服用することで、その分効果が期待できる治療法です。

AGA治療薬プロペシアは半永久的に服用が必要

AGA治療薬プロペシアは、長期にわたり継続することで、多くの患者に効果が期待できる画期的な治療法ですが、薄毛の進行を抑え続けるためには、半永久的に継続して服用し続ける必要があります。

プロペシアの服用によって、AGAの原因物質である悪性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えていますが、プロペシアの服用自体を中止してしまうと、再びDHTが生成されて、薄毛の症状が進行してしまうことになるのです。 せっかく取り戻したフサフサの毛髪の状態をキープしておきたいなら、AGA治療薬を継続して服用し続ける必要があります。

継続する分、治療費や医薬品代の負担も大きくなりますが、高齢になると、多くの男性が薄毛となるため、その頃に治療の継続をやめるのも1つの選択肢になります。

AGAスキンクリニック 無料カウンセリング体験レビュー

AGA治療専門クリニックで行われている無料カウンセリングや治療。実際はどんな感じで行われるの?と気になる方も多いはず。
そこで、札幌で評判が高いAGA治療専門クリニック「AGAスキンクリニック」を訪問し、無料カウンセリング・治療を受けてみました。
AGAスキンクリニック体験レビューはこちら
札幌で女性患者専門の薄毛治療クリニックとして定評のある「東京ビューティークリニック」。 無料カウンセリングや治療は実際にどんな流れで行われるの?と気になる方も多いと思います。
そこで、「東京ビューティークリニック」を訪問し、無料カウンセリング・治療を体験してみました。
東京ビューティークリニック体験レビューはこちら