トップ > AGA治療Q&A > 皮膚科と専門病院の違い > AGA治療専門と一般皮膚科での治療内容の違い

AGA治療専門と一般皮膚科での治療内容の違い

最近、薄毛に悩む人も増えてきているためか、一般的な皮膚科でもAGA治療を受けられるところが増えてきています。 一般的な皮膚科でもAGA治療を受けられるなら、わざわざAGA治療専門クリニックに通わなくてもよいのではと思い、近くの皮膚科に通う方も多くいます。

ところが、いざ一般の皮膚科に通い始めてみたけれども、大して治療効果が得られなかったという多いのが現状です。 それは、AGA治療専門病院と一般的な皮膚科とでは、治療内容に大きな違いがあるためです。

皮膚科でのAGA治療は薬の処方程度

一般的な皮膚科でのAGA治療は、AGA治療薬プロペシアやミノキシジルなどを処方する治療が中心で、病院で行うことが可能な育毛メソセラピーや植毛など専門的な治療を行わないところがほとんどです。

AGA治療薬の処方のみで薄毛が改善するケースもありますが、単に治療薬の処方のみでは薄毛改善につながらないケースがほとんどです。AGAの原因は、生活習慣やストレス、遺伝など、様々な要因が複雑に絡んでいるので、単に治療薬を処方するだけでは、発毛効果を実感することは期待できません。 発毛効果を実感するためには、患者の脱毛症状や体質・頭皮の状態などを把握したうえで、その人に合った治療を行うことが必要になります。

AGA治療専門クリニックでの治療は患者に合った治療を行う

AGA治療専門クリニックでは、一般の皮膚科とは治療内容が異なり、投薬治療のみではなく、育毛メソセラピーや植毛など高度で専門的な治療を受けることができます。専門的な治療を受けることができるだけではなく、AGA治療専門医が、患者の薄毛の症状や体質に合わせて、その方に合う治療を行うことができます。

同じAGA治療専門クリニックでも、提供可能な治療はクリニックごとに異なっており、自分のAGA症状に合った治療を受けることができるクリニックを選択して通い始めるのがおすすめです。

自分のAGAの症状はどのくらい進行しているのかわからないという方は、まずは各クリニックで行っている無料カウンセリングを受けて、自分にとって最適な治療法は何なのか相談してみることをおすすめします。

最近、薄毛に悩む人も増えてきているためか、一般的な皮膚科でもAGA治療を受けられるところが増えてきています。 一般的な皮膚科でもAGA治療を受けられるなら、わ